ビーグレン コスメ 効果

クレイクレンジングクリーム〜クレイウオッシュに進化!

クレイクレンジングクリーム

クレイウオッシュ(クレイクレンジングクリーム)

浸透はしませんが、天然クレイ・モンモリロナイトを使った、吸着とイオン交換の性質による新しい洗顔方法です。

 

一回使っただけで、リピート決定!最初に使った時、泡は立たないし、なんだか洗った感じがしないし、すすいでもヌルつきがあるし…と思ったのですが、アイメイクもきちんと落ちていました。何よりも、すすいだあとのしっとり感にびっくり。

 

泡のクッションで肌に優しく、という今までの洗顔方法に慣れていると、さっぱり感がなくて物足りなく感じるかもしれません。が、汚れはしっかり落ちているのにつっぱらない、本当に優しい洗顔です。

 

毛穴の奥までモンモリロナイトが入り込み、汚れを吸着して取り除き、代わりに、美肌成分を肌に残してくるイオン交換の性質を持っています。

 

泡立てる手間もなく、手のひらに出したらそっとなでるようになじませるだけ。拍子抜けするほど簡単なのに若返りの効果抜群の洗顔料です。

 

全身にも使えます。使い勝手、使い心地、効果全てに満足しています。クレイクレンジングクリーム、私には最高の洗顔剤との出会いになりました。

 

一般的なものに比べ、商品単価は高めかもしれませんが、私の場合、2か月から3か月は使えそうだし、セールでまとめ買いをしたので、今までよりも安くなりました。

 

マッサージをするだけで汚れを吸着する洗顔方法なので、肌を傷めません。敏感肌、ニキビ肌にもお勧めします。


10−YBローション・モイスチャライジングゲル

10−YBローション

10‐YBローション
10‐YBローション
浸透テクノロジーで高機能成分が配合され、美容液のような効果を発揮します。潤いが長い間続き、肌が若返りをしたようにしっとり、もちもちしてきます。

 

さっぱりタイプとしっとりタイプがあり、肌のトラブルがなければ、この2本でスキンケアは十分です。

 

肌のトラブルがある場合は、さっぱりタイプ + 悩み用のスキンケア化粧品の組み合わせでケアをするとよいでしょう。私は、さっぱりタイプを朝晩、夜にクレイクレンジングクリームで洗顔し、Cセラム、ホワイトクリームex, エイジリンクルクリームを気になる部分に使っています。

 

乾燥が気になるときは、モイスチャライジングゲルを加えています。 

 

乾燥対策:ビーグレンの浸透するコスメ・モイスチャライジングゲルで若返り

モイスチャライジングゲル

 

コラーゲンとヒアルロン酸をQuSomeにつつみ、真皮に浸透させます。乾燥が気になる時は、普段使いで。スクワランや酢酸トコフェロール*等も配合されています。
(通常化粧品に配合されているヒアルロンサンは、表皮の保湿成分として効果を発揮しており、真皮のヒアルロンサンを増やすことはありません。)

 

*酢酸トコフェロール:合成のビタミンE.代謝を活性化、血行促進等肌荒れやくすみに効果があります。

 

ボディの乾燥対策として、モイスチャライジングゲルのラップパックがオススメです。ボディの若返りもビーグレンの浸透するサイエンスコスメで!


Cセラム(高濃度ビタミンC美容液

Cセラム(高濃度ビタミンC美容液

Cセラム(高濃度ビタミンC美容液)

ビタミンCは肌トラブルのもと、フリーラジカルを無害化する抗酸化物質の代表とも言える成分です。肌トラブルにマルチに効果のある成分と言っても良いでしょう。

 

ビタミンCの効果

  • メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ。
  • フリーラジカルのダメージから細胞を守り、老化を防ぐ。
  • 真皮の繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成を促す。
  • 毛細血管を強くし、血行を良くする。    等肌の若返りにはなくてはならない成分です。

 

残念ながらビタミンCは水溶性のため、肌バリアに阻まれ、また、酸化に弱いことから、とても扱いにくい成分です。一般のスキンケア化粧品では、浸透しやすくしたビタミンC誘導体が配合されていることが多いですが、肌の届くビタミンCの量は限られてしまいます。

 

ビーグレンのCセラムは独自の浸透テクノロジーで、高濃度のピュアビタミンCをナノカプセル化することで、確実に素早く真皮に届けることができます。

 

ビーグレンのCセラムを初めて手のひらに出した時、おそらくびっくりすると思います。まるでオイルのよう、ですから。本当にビタミンC? 肌に塗って大丈夫?と言うのが最初の感想!肌に塗った時も、ちょっとテカるし、ニキビ肌の人には良くないのでは、と思ったくらいです。

 

肌に塗ると、いつもではないですが、じわっと暖かくなる時もあります。浸透しているのが実感できる時です。見た目と違って、肌にすっとなじみ、潤いがキープされているような触り心地で、ついほおに手が行くんですよ。

 

もともとそれほど乾燥肌ではなかったのですが、10−YBローションと、Cセラムを使い始めてからしっとり、モチモチ感が一日中キープでき、なんだか肌も若返りしたようでうれしいです。


ホワイトクリームexとエイジリンクルクリーム

ホワイトクリームex

ホワイトクリームex
ホワイトクリームex
シミの予防にシムホワイト377、できてしまったシミにハイドロキノン、もちろんビタミンC、ヒアルロン酸等美肌成分が浸透テクノロジーで配合されています。

 

さらっとしたクリーム、のような使い心地です。乳液がもう少し密度がたかくなった、と言うかさらっと肌になじんで浸透していきます。

 

効果はすぐにはわかりません。長く続けることで結果も出てくると思います。ただ、使い始めて1か月ほどですが、手の甲のシミがうすくなり、くすみも取れてきたような気がします。

 

毎日顔のケアをするのに、コスメをまず手のひらにのせますが、最後に両手をもみこむようにマッサージしていたので、その効果が一番先に出てきたのかもしれません。今後が楽しみです。

 

エイジリンクルクリーム

エイジリンクルクリーム

塗るボトックスと言われるアルジルリンが表情シワの改善、マトリキシル3000が繊維芽細胞を活性化させてハリや弾力をもたらせ、シワやたるみの改善に効果を与えます。肌の若返りに有効なアンチエイジング成分が浸透テクノロジーで肌の奥に届きます。

 

目じりのシワが薄くなってきました。目の下のたるみ、眉間のシワはまだ変わりはありませんが、続けることで効果を期待しています。法令線も気持ち薄くなってきたように思います。


ビーグレンの浸透するコスメ〜使い心地と効果関連ページ

トライアルの効果は?
ビーグレンの浸透するコスメ、トライアルの効果は?ビーグレンのスキンケア化粧品には5種類のトライアルセットがあります。肌の悩み別にそれぞれ適したケアをセットにすることで、より効果を高めて肌の若返りを実感してほしい、というビーグレンのメッセージが伝わってきます
浸透の仕組みと肌構造
ビーグレンの浸透するコスメ、浸透の仕組みはどうなっているのでしょうか。美肌成分が肌にどのように浸透しているのか、ビーグレンの浸透の仕組みを、肌構造をみながら確認してみましょう。