浸透 仕組み 肌構造


ビーグレンの浸透するコスメで若返り

浸透の仕組みは肌構造をまず確認

肌は表皮、真皮、皮下組織からできています。外部の刺激から肌を守るバリア機能をもつ表皮層、ターンオーバーで肌の若返りもしています。肌に弾力やハリを与える働きをするのが真皮層で、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等が主成分です。皮下組織はほとんどが脂肪です。
表皮
皮膚の表面にある部分で、下から基底層、表皮細胞、角質層と層になっています。

 

角質層

表皮の構造


角質層にある角質細胞間脂質(セラミド)が水分をサンドイッチ上に挟み込み、0.02o位の厚さの中に、20〜30%の水分を保っています。角質細胞同士をしっかりつなぎ、外部の刺激や水分の蒸発を防ぐ肌バリアとして機能しています。(ラメラ構造)

 

表皮細胞
基底層で生み出された細胞がだんだん押し上げられ、層になっています。表皮細胞が古くなると角化して角質細胞になります。(角質層のすぐ下から顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)(ランゲルハンス細胞があります))。外的な刺激を神経に伝えたり、アレルギー反応をおこす働きがあります。

 

基底層
細胞分裂を繰り返し新しい表皮細胞を生成している場所です。基底膜を通して真皮の血管から栄養や酸素を受け取っています。紫外線に反応してメラニンをつくるメラノサイトもここにあります。

真皮

表皮の下の部分で、肌の弾力を保つ、コラーゲン繊維、エラスチン線維が網の目のように綱がていて、その隙間を保湿力に優れたゼリー状のヒアルロン酸が埋めています。これらの成分を作り出す繊維芽細胞もあります。

 

コラーゲン
真皮の約70%を占める、ゴムのように弾力のある繊維状の成分で「膠原繊維」(こうげんせんい)とも呼ばれています。古くなると分解され、ゆっくりと新しいコラーゲンと入れ替わることで肌の若返りをし、ハリと弾力を保っています。

 

コラーゲンは加齢で減少し、肌のハリ弾力がなくなり、シワやたるみの原因となり肌の老化がおこります。さらに紫外線によるフリーラジカルのダメージやストレス、睡眠不足等、外的要因で著しく減少したり変性したりすると老化が加速します。

 

エラスチン
ゴムのように弾力のある繊維で「弾性繊維」とも呼ばれています。真皮の約5%を占めます。コラーゲンを所々でつなぎ留めて肌の弾力を保っています。

 

ヒアルロン酸

真皮の構造


コラーゲンやエラスチンの間を埋めているゼリー状の物質です。保湿力に優れているので、化粧水などに配合されることが多い成分です。(水溶性なのでそのままでは角質層までしか浸透しません。一般的に表皮の保湿を目的とし、真皮のヒアルロン酸の補給にはなりません。

 

 

繊維芽細胞
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す働きをしています。線維芽細胞が傷つくとこれらの美肌成分の生成が減少し、肌の老化が加速します。

 

 

表皮、真皮それぞれの細胞の働きを活性化させ、加齢やフリーラジカルのダメージによる分解と、細胞生成のバランスを取ることで、肌の表面も中も若返りのシステムを正常に機能させることができます。

ビーグレンの浸透の仕組み

QuSomeの中に美肌成分を包んでいます。角質細胞の間を浸透し、表皮細胞も浸透、それぞれの場所で有効な成分を肌に浸透させながら、真皮にある肌トラブルの元まで肌にストレスを与えることなく浸透して、トラブルの修復に効果のある成分を届けます。

 

QuSomeは極小サイズのカプセルで、肌の構造ににた物質で作られているので肌に余分なストレスを与えたり、傷つけたりすることはありません。また、カプセルにつつまれているので、酸などによる変性もありません。

ビーグレン浸透のしくみ

 


ビーグレンの浸透するコスメ、保湿ケアで若返り

ビーグレンの浸透するコスメ、保湿ケアで若返り

ビーグレンの浸透の仕組みと肌構造関連ページ

トライアルの効果は?
ビーグレンの浸透するコスメ、トライアルの効果は?ビーグレンのスキンケア化粧品には5種類のトライアルセットがあります。肌の悩み別にそれぞれ適したケアをセットにすることで、より効果を高めて肌の若返りを実感してほしい、というビーグレンのメッセージが伝わってきます
ビーグレン〜使い心地と効果
ビーグレンの浸透するコスメの使い心地、効果等のラインナップです。